合格しようよ!

教員採用試験に関心のある人、受験する人、再度集合!!

前回までの3回にわたり、カテゴリー「教員採用試験」で、教員採用試験を受ける際に是非考えておいて欲しいことを以下の点で紹介した。「あなたは本気なのか」「なぜ教師になりたいのか」「あなたは学校現場の教師たちを取り巻く現状を知っているか」そして、これらの点をしっかりふまえておけば、「論作文・面接」に十分対応できること。そして、論作文や面接に関して、日頃指導していただいている学校(大学や専門学校)、もしくは教育実習校の若き先輩教師にアドバイスをしてもらうことも有益であることをあげた。

さて、今回は具体的な勉強方法について紹介してみたい。まずは私の経験から。

3年生を終え、1年間休学し、アメリカ遊学から帰ってきたのは11月初旬。まず最初に取りかかったのは、問題集の購入であった。教職教養2冊、一般教養1冊、専門教科(中学社会全般2冊、高校地理1冊、高校歴史1冊、高校政治経済1冊、倫理1冊)計9冊で、ほとんどが協同出版と時事通信社のものだった。この2社の問題集は非常に見やすく、それぞれの学習項目の見開き左ページがポイントの整理、右ページが過去問となっていて、すごく重宝した。(本屋に並べてあるたくさんの問題集でも、レイアウトや字体、文字の大きさなどからやりやすいかそうでないかのインスピレーションが働くであろう)これを翌年の7月までの9ヶ月間、1日10時間勉強を目標に何度も何度も繰り返した。それこそ、「この問題はあのページのあそこに載っていたぞ」というのがわかるぐらいだった。4年生時に復学したが、ほとんどの単位を取っていたので、そのペースを守ることができた。試験当日に試験会場の机の上にぼろぼろでふくれあがった問題集を置き、それらを見ながら「俺が受からなければ誰が受かる」という自信をみなぎらせるお守り代わりにもなった。周りの受験生の「こいつ恐るべし。本気やな」といった雰囲気を感じることができた。

「なぜそこまで勉強できたのか」とお思いの方もいるかもしれないが、私は時間がなかったのである。というのも、大学在学時教職課程は履修していたものの、教員になるつもりがさらさらなかった私は、すごくいい加減に授業を受けていたし、ただ単位を取れればいいというぐらいで、学習内容はすっぽりと抜け落ちていたのだった。まさしく真っ白な状態。ゼロからのスタートで、教育学部に在籍しておけば良かったなどと、馬鹿みたいなことを考え、悔やんでいたぐらいだったのだ。ましてや私は商学部在籍とくれば、教師としての選択肢は限られてくる。社会科の教師しかなれないのだ。アメリカで英会話を磨き、得意だった英語科の教師には慣れないという現実があった。また、当時も中学校社会科の免許はその気になればいろんな学部から取得でき、中学社会科の採用試験を受験する人も他の教科に比べるとものすごい数の受験生が当時からいたのである。競争率十何倍の難関を突破するためには、生半可な勉強じゃ絶対通らないという、悲壮感めいたものがあった。それと、絶対教師になってやるという固い決意が私を支え続けたからこそ、頑張り続けられた要因だと思う。さらに加えて、勉強で飽和状態になった頭をリフレッシュするために、親友のY口氏(彼も当時大学院受験で浪人をしてた)と近くの公園でテニスをして体を鍛え、たまには酒を飲んで騒ぎまくり、憂さ晴らしをしたことも大きかった。

話がちょっとそれてしまった。あと、面接、論作文については特に何もしていない。ただ、面接については、今までにいろんなところでアルバイトをやった経験が生きた。本屋、木工所、果物屋、プール監視、家庭教師など・・・バイト先ではいろんな人との接し方を知らず知らずのうちに学んでいたと思う。大学のサークルでの上下関係もそう。最低限のエチケットやマナーは常識として携えていたのは幸運だった。それとアメリカでの体験も大きな武器となった。論作文にしても、私はY口氏とバンドを組んでおり、下手な詩を綴っていたのでそれなりに起承転結の効いた文章は書けることができた。

不安だったこと。それは、商学部在籍ということと、大学にほとんど行かないでいい境遇で自宅にこもりがちだったということ、まわりに受験者がおらず受験情報が新聞以外入りにくいということで、情報収集が一番ネックだった。そこで、毎月協同出版社が発行する、「教員教養」という月刊誌を読むようにしていた。教育界の現状や問題提起と解決策、最新教育情報が満載で、自学だけでは足りない中身を十分補充できたと思う。これは、面接や小論文にも十分使えるしおもしろかった。(現在は「教職課程」という名に変わっている)一読してみる価値は絶対あると思う。

今は、ネットで十分情報を収集できる良き時代である。私が今までに活用させてもらっているサイトを以下に紹介しておく。メールマガジンとして「毎日教育メール」「日刊小学校教師用ニュースマガジン」これらは無料で有益な情報をもたらしてくれる。サイトとして「小学校教師用教育関連総合リンク集」、「インターネットランド」とそのサイトの中の「教師になろう」はあなたのニーズにこたえられる情報がきっとあるはずだ。

また、私の元同僚で、見事採用を勝ち取った講師の先生は専門学校に週2日ほど行っていた。独学では補えないことを学べ、刺激になったということだ。このことも付け加えておきたい。

今回もすごく長くなってしまった。ふーっ。それでも最後までおつきあいいただいて感謝でいっぱいです。受験を控えている皆さん、教員になりたいなあと思っている皆さん、頑張ってください。でも、くれぐれも頑張りすぎないで。そうしないと、私のように壊れてしまいますよ。でも、何か自分でもお役に立つことがあれば、という気持ちで記事を書いてて気持ちがいいです。少しずつこのブログを読んでくださる方が増えてきているようで、嬉しいし充実しています。でも、自己満足の世界にどっぷりとつかっているのかもしれないなあーと反省もしつつ・・・・、今回はここまで、ということで。次回からは、教育実習について綴っていきたいと思います。こうご期待!感想でも何か些細なことでも結構です。コメントをくださればできる限りお答えしたいと思います。

さあ~豆を挽いて、コーヒー飲んでゆったりしようっと・・・・。今、とっても静かです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

それでも教師になりたいですか?

教員採用試験を受けようと思っている人、集合!!

採用試験を突破するにはどうしたらよいだろうか。前々回(ココ)の記事でも書かせてもらったが、厳しい現状のこともあげながら、受験することはあなたにとって本気なのかどうかを問うて欲しいということを述べたかった。そして・・・本気ならば、「教師になるために必ず突破する。」という強い信念を胸に秘め続けて欲しいと思う。ただ、それに加えてあなたが本気であるとしても、もっと深いところで自分の気持ちを掘り下げ、自分の心に問うて欲しい。

つまり、「あなたはなぜ教師になりたいのか。教師になって何がしたいのか」ということだ。これは面接用の受け答えの練習というレベルではなく、「あなたはどう生きたいのですか」というレベルで考えて欲しいのだ。なぜならばokiyamaさんのコメントにあったが、今病んでいる教師が多い。現場の教師はみな口をそろえ、「きつい」とつぶやいている。何かちょっとしたことがあれば危険水域を越えそうな教師が実際に現場にいるのである。これはまさしく金属疲労である。教師はそれでもどうにかして踏ん張っている。そんな私も挫折感を味わい、病気休職に自分を追い込んでしまった。(後日壊れてしまったいきさつを記すつもりです。)しかし、病気休職ならばまだ救いがあるかもしれない。なぜかというと、悲しいことに、自ら命を絶ってしまう教師が後を絶たないからだ(産経新聞)。私の身近なところでも、最悪の事態が起きてしまった。

このことは教師に限っての話ではないという前提で読んで欲しい。どんな仕事に就こうが、誰もが理想を持って就職する。当然教師にしても理想もなしに教師になったわけではない。私もそうだ。私なりの崇高な理想があった。でも、現実は厳しい。歴然としている児童・生徒の学力の差、家庭の教育力の低下、教師間の力関係、教育委員会や管理職からの軋轢など、理想と現実はこれほどまでに違い、厳しいものなのかを身にしみて味わった。(全ての職種、職場がそうかもしれません。ただ、企業と学校は同じなのかということについては「違う」という立場です。たとえば上司の言う命令には絶対服従しなければならないとは思いません)だからといって、その理想を追い求めることを否定しているわけではない。教師を続けていくためには理想を追い求めている自分を奮い立たせ、現実問題に沿いながら自分自身も必要ならば軌道修正をしていかないと教師として生きていけないのである。それができなかったのが私である。そのような中でも自己の軌道修正も眼中になく、自分の世界に浸り、「我が世界得たり」と教師をやっているだけの教師もいることも事実である。病気休職になった私から見れば、そんな「自己中教師」はある意味うらやましいと思う。でも、そんな教師にはなりたくはない。

ちょっと力が入りすぎたようだ。私は今までに、苦しかったことは山ほどあった。しかし、嬉しいことも山ほどあった。いまでも、初任校で始めて担任をした35歳になる生徒が飲み会に誘ってくれる。人と人との架け橋になり、生徒が立派な社会人として自立していくことを手助けできる教師の仕事にやりがいを感じてきた。そのこともわかって欲しい。

教員採用試験に合格し、採用されて終わりではない。教師になり、教師生活を全うするためには、いつかきっとあなたも壁にぶち当たるであろうことをわかって欲しい。そしてもう一度じっくり「教師という仕事と自分」を考えてみてはどうかと思う。それでも「教師になりたい」ということであるならば、「合格するための」具体的な対策が当然必要となる。

採用するのは各地方公共団体の教育委員会であることを前提に考えて欲しい。最低限教師としての資質、つまり専門知識は必携である。だからこそ勉強あるのみ。それがないと問題外である。ちなみに、都道府県によって試験の内容は若干違うと思うが、主たる内容は、一般教養・教職教養・専門教養・面接(個人・ 集団)・集団討論・論作文・模擬授業であろう。その全てについて網羅することは今回できないが、基本的に面接、集団討論、論作文については今までの私の記事の内容を柱にじっくり自分の意見をまとめておけば大丈夫だと思う。そして、できれば日頃お世話になっている大学の教授や教育実習先の受験経験者の若い教師(できれば教諭)にもアドバイスなり意見をしてもらうのがベストと思う。「どうしたらいいですか?」などというまったくの空白段階で尋ねても失礼千万。問題外。私が受験した際の面接で面接官が開口一番「さわやかですね」といわれたことは忘れない。相手もプロ。その人の醸し出すオーラで本気かどうかわかるんだと思う。

話は変わって・・・・・・このブログ「静かな時間」のタイトルに関連して、最近私がとっても楽しみにしているものがある。それは深夜にNHK第1ラジオを聞くことである。私にとっては朝昼の喧噪の中では、どうしてもトーンがいまいちに聞こえてしまうNHKラジオはなぜか馴染まない。皆さんはどうですか。でも深夜し~んと静まりかえったときに聞く、落ち着きがあり深みあふれるNHK第一ラジオのアナウンサーの声がとても心地よく感じる。そのなかでも、特にお気に入りなのは、日曜の10時15分から55分まである「ラジオ文芸館」。素晴らしい名作とその朗読に、日頃眠っている私の感性がかき立てられる。とても懐かしいにおいがする番組である。騒がしいだけのテレビやラジオ番組からちょっと離れて、深夜たまには一人静かに過ごすこのひとときを味わってみては。ぜひ、おためしあれ。ちなみに、今日は東京都都議選の選挙速報のためお休みです。あしからず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

私も悩みました

 教員採用試験について悩んである人が多いですね。人ごとではない気持ちで一杯です。私は採用試験の勉強そのものも大変きつかった。朝起きて朝食とって昼まで勉強、その後「笑っていいとも」を見ながら4時まで勉強。4時からは金八先生の再放送を見て気合い入れ、そして夕食まで夕寝、夕食を食べたら11時過ぎまで勉強。こんな生活を9ヶ月も続けた。 たまに近くの公園でテニスをしたり、週に2日ほど大学に行って授業を受けることが気休めになった。かなりんごさんのブログを見て、とっても懐かしい。採用試験は本当に微妙なもんで、教育実習で自分の勉強の内容とリズムが狂ってしまうし、一般企業の内定はほとんど決まっているし、教師になるという目的だけの教員採用試験ほど箸にも棒にもかからないってなもんで・・・・。

  幸いに私の場合、大学4年の夏採用試験に合格したのだが、ネックになっていたのが通年で社会科の必修教科であった「地理学」だった。これを落とすと合格もパァーになってしまうので、ビビリながら授業に出席したし、後期試験を受けた。単位が取れなかったとなると笑いものです。しゃれにもならない。確か、担当教授の住所を調べ上げ、「自分は採用試験に通っている。教師としてこんなこと頑張りたい」などと綴った手紙とお歳暮を送った記憶があったりなかったり・・・。もう手段を選ばず、ってな感じだった。いろいろ悩むことが多いと思いますが、皆さん!頑張って! 

 そんなところを→ ココ「ひたすら勉強」に綴っていますので、見てもらえたら嬉しいです。                             

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひたすら勉強

  将来学校の先生になりたいという人、集合!

  来年7月にある採用試験まであと9ヶ月。うかうかしている時間はない。アメリカで聞こえた天の声にこたえるため、将来の夢を手にするため、とにかく教員採用試験を突破するしかない。そんな決意を胸に帰国した。(ただし、この記事の内容は公立学校に限っていることを了承ください)

 帰国後、友人たちに「俺、教師になろうと思っているんだ」と話すと、親友のY口氏をはじめみんな一様にびっくりするような顔をしたが、「お前みたいなヤツが教師になったらおもしろいよ。頑張れよ」と励ましてくれた。友だちとはありがたいものだ。当然家族も私の切り出した話に驚きを隠せないようだったが、うれしさ反面心配でたまらなかったようだ。

  ひたすら勉強あるのみ。 

 当時も採用試験は相当な難関といわれていた。私が受験したときは競争率10倍だった。といっても、今の危機的な少子化傾向の中での採用試験の現状は尋常ではない。(新聞記事)私が居住する県の来年度公立中学校社会科の採用人数は・・・・・な、なんと1人である。「採用なし」の方がよほどあきらめがつくほど、採用されることは奇跡といえるだろう。私立校にしても同様で、児童・生徒数減少と、経営難の中で生き残りをかけたサバイバルレースを繰り広げている。いろんな求人雑誌や新聞の求人欄を見てきたが、私立校の新規採用はほとんど見かけない。

  現場に新規採用の先生がほとんど来なくなって久しい。20代の若い先生のほとんどは講師の先生、それも、30歳を過ぎても毎年受験し続けているのが現状だ。自分の地元の都道府県はもちろんのこと、受験できるところは日程の許す限り受験しまくっている。「GTU先生、合格しました」「おめでとう!」「実は北海道なんです」「え!?」こんなことが当たり前になっているほど厳しいのだ。以前同僚だった若い講師の先生で、今後の生活のことも考えて、なくなく私立高校へと転職していった例はたくさんある。

  受験をしようと決める際に、選択肢が二つあると思う。それは、新卒の人であろうと講師をやっている人であろうと同じ。つまり、受験に専念するか、仕事(講師)と両立?しながら勉強していくか。毎年試験を受け続けている若い講師の先生から受験の相談をされるたびにこう答えた。「今年は自信ある?」「・・・・・」「じゃあいっそのこと、講師を1年間辞めて、受験に専念してみたらどう?」非常に乱暴な言い方かもしれないが、私が言いたかったのは、

 「本気なの?

ただそれだけなのだ。生半可なことでは合格しない。本気になっているヤツが勝ちに決まっている。それだけ現実は厳しいことをわかって欲しいのである。講師をしていれば金が入る。ボーナスも出る。学校では講師も教諭も関係ない。いっしょであるから甘えられない。ましてや、保護者は若くて期待できる先生として見てくれている。授業や部活動、校内分掌、学校行事にも手を抜けない。管理職からの評価もすごく気になるだろう。だから無理しても頑張らざるを得ない。部活指導が終わってほっとしてると帰りは早くて9時。それから食事をとり、風呂に入り、教材研究をし、受験勉強。これじゃ疲れが取れるはずがない。翌朝朝練。休日も部活動指導・・・・。よほどのコネがない限り、こんな超人的な生活ができる人がそこ数年で合格するだろうし、できなければそれこそ10年くらいの長いスパンを持って講師をしながら受験し続ける。それも、合格する保障は一切ない。さらに講師の契約は長短あり、切れれば次の職場を求めないと失業してしまう。だから、それがいやなら勉強に専念するしかないのだ。嬉しいことに、2年前と本年度、受験専念型と両立型の2パターンの選択肢でそれぞれ頑張っていた元同僚が合格し、採用された。二人とも本気だったのだ。(続く)

  

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)