« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

父が亡くなって1年がたとうとしています。

病院に2年間入院し、心臓病に加え脳梗塞も患って危ない状況が続いていました。

そうそう。昨年の5月7日。病院から朝、父が危ないと連絡があり、母と病室に駆けつけました。その時、不思議な光景に出会ったのです。

父の側にいるときのことでした。病室の窓際に、二羽の鳩がふと飛んできて、しばらく中をうかがい、じっとしていました。その二羽は、夫婦でないかなって思いました。と、同時に、これから来るべき時をなぜか感じたのです。

その後、鳩は飛びたっていきました。すると、その直後、父の脈拍は段々弱くなり、静かに息を引き取ったのでした。

最後は苦しまず、あの世へと旅だった父。その道案内があの夫婦の鳩だったのではないかと、1年たとうとしている今も、あの時の光景を思い出します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

部活動

新学期が始まって、あっという間に2週間たちました。早かったというか、嵐のように時間が過ぎ去っていきました。もう、毎日バタバタで、疲労困憊状態。毎日栄養ドリンクを飲みながらしのぎきりました。

部活動はいろんな経緯があり、何と、何と・・・・・・柔道部の顧問になりました。柔道なんて全く経験はありません。でも、格闘技の部活動ですので、ケガなど何かあっては一大事。指導は当然できませんが、副顧問として武道館で子どもたちの練習を毎日見守っています。

子どもたちは本当にすごい。今日も試合だったのですが、凄まじい試合の連続で、いろいろな発見や驚きがありました。そして明日は昇段試験。どんな活躍を見せてくれるでしょうか、楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

息子のその後

結局、大学受験は残念な結果に終わり、浪人をすることとなった長男。進学塾に明日から通うことになりました。

朝は7時過ぎのバスに乗り、1時間ちょっとかけて塾へ。その後、授業を受け、授業後は自習室で学習し、帰宅は11時過ぎになるそうです。不合格になったあと、紆余曲折ありました。親としていろんなアドバイスをし、話をする中で彼の本音を聞くことができ、考えさせられました。

自分で決めた道。1年間、その志を貫き通してほしいと願っています。この道をたどることになったことには必ず意味があると考えます。

さあ~。明日は始業式。始まるぞ~。息子達に負けないよう、気合いを入れて子どもたちと向き合っていきます。気合いだぁ!!!!!!!!! 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »