« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

大変だったのよ

昨日は週末の金曜日。部活動もテスト期間中ということで土日なし。テスト問題を作成しなければならないなど当然仕事は山積しているのですが、やっぱり金曜日は嬉しいもの。

ということで、昨晩は気持ちよく焼酎を飲みました。疲れと緊張感から解放されたこともあってか、いつもよりまわりが早く、酔っぱらってしまいました。(夕食をとった後は記憶がない・・・・・・・(-_-;))

朝起きると、妻が鬼の首を取ったようにボクに「昨日は大変だったのよ」と話しました。

記憶が無くなったその後のこと。ボクは眠たくなってホットカーペットを敷いた居間にごろりと寝込んでしまったそうです。妻はしばらくそのまま寝かせていたらしいのですが、その後何か匂いの異変を感じたそうです。空気清浄機はジェット状態。実は居間には、愛犬はなのトイレマットを置いているのですが、はながホカホカう○こをしたマットにボクの両足が乗っかかり、足にう○こがべっとりとこびりついた状態でホットカーペット上を寝返りし続けていたということだったのです。当然ホットカーペットは・・・・ボクの足は・・・・想像にお任せします。その後、後始末で妻は大変だったそうです。足を拭いてもらったボクはそのまま寝室へ。

その話を朝聞いて、妻に謝りました。でも、心の中では、ちょっぴり笑っていたGTUでした。

かみさん、ごめんなさい。<(_ _)>

| | コメント (8) | トラックバック (0)

終わった~!!

終わった~!!やった~。

11月は大きな三つの山場を控えていました。そしてとうとう、昨日あった最大級の三つ目の山場を無事やり終え、本当に(やった~!!)って感じです。きつかった~。プレッシャーから解放されました。

それに加えて、今日は部活も休ませてもらい、久しぶりにゆったりとした休みのひとときを過ごしています。朝も久しぶりにゆっくりと家族と話をしながら朝食をとることができました。父が入院して一人になってしまった母ともゆっくり話ができました。

そして・・・・なんと。年末年始は家を離れ、温泉宿で正月を迎えようということに決めました。介護で頑張ってきた母を始め、家族みんなの慰労を兼ねた旅行です。はなのことが気掛かりですが、正味1日半留守にするだけだから大丈夫だろうということになりました。

今から宿を取れるかはわからないし、料金も高いことは百も承知ですが、今年はどこにも行けなかったので、多少の贅沢はいいかなあと思っています。

でも、とれるかな・・・・・・・。

追伸:ボクが大好きだった斉藤茂太先生(茂太さんのお父さんは精神科医であり歌人でもあった斎藤茂吉さん)が亡くなったことを新聞で知りました。休んでいたときに勇気をたくさんくれた精神科の先生でした。最近も、以前購入した斉藤先生のCDを聴きながら床についていました。とても残念です。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

成長したかな

本当に冷え込んできました。今日も練習試合でした。

これが本来の11月中旬の気候なんだと思いますが、今までが本当に暖かかったので寒さが身にしみました。

今週の月曜日、体調を崩し、学校を早退しました。前日大会があり、1日中寒いなかの試合だったのでうかつにも風邪を引いてしまいました。熱があまり上がらなかったのが幸いでしたが、のどが痛く、関節がガクガクして全身の力が入らず、長引かせるのが怖くて早退を決断しました。

病院に行くと、白血球が倍に上がっているということで点滴を受けました。その後どうにか落ち着き、火曜日から学校を休まずに頑張れました。休んだらひんしゅくをかうので必死でした。月曜日、早退することを決断できたことは正解だったと思います。

無理していると思うことはしばしばあるのですが、自分でストップをかけられているので、いい歳をしたボクですが、あの頃に比べたら成長したのかなあと思っている次第です。

無理しない、無理しない。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

幸せになるために生まれてきたんだよ

毎日中学生や高校生の自殺予告についてのニュースが流れています。そのたびに、何ともいえない気持ちになります。また、大人として、親として、そして教員として考えさせられます。

子どもたちが抱えているいろんな思いを到底推察することはできません。子どもたちの悲しみや苦しみが計り知れないほど重たいものだからです。人の気持ちを理解するということ自体、傲慢そのものではないかとも思います。でも、これだけは言いたいです。

絶対死んじゃだめだ!!だって、この世に生まれてきたのは幸せになるためだから。まわりをもう一度見渡してみてごらん。君を見守ってくれている人が絶対いるから。傷ついたココロを癒すには時間がかかるけど、これからの長い人生で少しずつだけど必ず癒えていくから。自分を傷つけなくていいんだよ。大丈夫だよ。

子どもたちをどうやったら守ってあげられるのかな。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »