« 2006年5月 | トップページ | 2006年11月 »

ココロ穏やかに・・・

いや~。今週は本当に長く感じました。忙しすぎて疲れました。

何度か不調の波が押し寄せて来て、それを幾度も押し戻ししながら過ごした1週間でした。

仕事に追われている→ココロが焦る→体も疲れている→モチベーションが上がらない→不安がよぎる→・・・・・・・

ただ、幸いなのは短い時間ながらもしっかり寝られました。また、できることを一つひとつこつこつとこなしていくことを心がけた結果、ココロの平静を保ち、どうにかやり過ごすことができたんだと思います。

11月は、いろんな行事があり、大忙しになるでしょう。ボクにとって正念場にさしかかってきました。「ココロ穏やかに・・・・」空を見上げ、ココロでそう呟きながら乗り越えてきたし、11月も自分を見失わないよう日々過ごしていきたいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寝ないように頑張るよ

嬉しいことが先週ありました。ボクの学校にはいろんな事情で児童福祉施設に入っている子どもがたくさん在籍しているのですが、気になる女の子がいました。その子はボクの授業の途中に必ず寝てしまうのです。授業中に何回か起こすのですが、授業の中ではお客さんになっていました。その子の進路も心配で、以前彼女と話したことがありました。でもボクの話は入っていない感を受けました。他の授業の時も同じような感じだと聞きました。

ずーっとその子のことが気になっていました。授業をしても寝ては起こすの繰り返し。

先週金曜日、施設の学習会に行きました。月に1度の割合で全職員が当番で学習会に参加するようにしています。

ボクが学習室に入ったとき、気になっているその子が笑顔でボクを迎えてくれました。学校では見ることのできない笑顔でした。

話をしたいと思い、その子に今までのボクの思いとこれからのことを彼女に話しました。すると、素直にボクの話を受け入れ、「寝ないように頑張るよ」と、約束してくれました。

学校では突っ張らないといけないのかな。施設では、ホッとできるのかな。

でも、嬉しかった・・・。頑張らなくっちゃ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

最近のニュースから

先週末、ある中学校の生徒がいじめによって自殺したニュースが飛び込んできました。同じ教育現場にいるものにとって、本当にショッキングなニュースでした。

毎日、毎日ワイドショーやニュース番組で報道がされています。今日なんて、みのもんたさんは激しく当該校長に対して叱責するコメントを述べてありました。

でも、この問題は、その中学校だけの問題ではすまされないと思います。

今、現場は学力低下の批判の波に晒され、現在都道府県平均との比較で教師と生徒の優劣を決められる時代となりました。窮屈で仕方ありません。

以前に比べココロの余裕がなくなった現場にいて、つらいです。そして、その時その場の必要な仕事を裁く毎日です。これで本当にいいのでしょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

父のこと

6月に母が家で転倒し、肩の骨を骨折し入院しました。それまで父を介護していた母が入院したため、父は知り合いの先生がいる病院に預けることにしました。

母が入院している間、いろいろな葛藤がありました。2ヶ月後に退院した母は介護する自信を失いました。全身全霊で介護していた母の代わりにボクか妻が教員をやめて介護するのか・・・・。でも教師は続けたい。自分のためにも生活のためにも。悩みました。

現在も、父は病院でお世話になっています。仕方ないと思うけど、胸が痛みます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すみません ご無沙汰していました

お久しぶりです。

たくさんコメントを頂いていたにもかかわらず、本当にごめんなさい。

自分の記事の更新も、そしてコメントへの返事を書くことさえままならないくらい、時間に追われ続けていました。ココロに余裕がありませんでした。

壊れそうになったことが時々ありました。でもどうにか踏ん張ってこれました。毎日バタバタと忙しく、10月に入ってからも仕事をさばく、そんな感じです。

どうにか頑張っています。授業も部活動も 思う通りにはならないことがありますが、生きがいを見つけようとしながらやってきました。

自分勝手で本当にごめんなさい。きつくなったからかな・・・戻ってきました。やっぱりここはボクにとってのココロの休憩所。本当にごめんなさい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年11月 »