« きつかった~ | トップページ | めまい »

最近のようす

やっと休みになりました。1日だけの休みです。昨日から妻と子どもたちは妻の実家に里帰りし、朝から雨も降っているからかひっそりしています。明日から仕事だし、ハードな5月なので、リフレッシュしておこうって思います。

夫婦で旅行することが楽しみだった父が寝たきりになって、早1年。自宅介護をしていますが、今まで母は献身的に介護してきました。ボクが休職していたときは手伝うことができましたが、ボクが復帰した後は、ストレスによる精神的不調と体調不良を手に取るように分かることが何度となくありました。母は我慢強く、一人で抱えてしまう性格なので、それとなくボクたちの居間に呼んで、コーヒーやお茶を一緒に飲みながら、父への複雑な思いや今後の不安をはき出させようとしてきました。土、日など気分転換もかねて外出も促していますが、父が気になるようで、近所での買い物に短時間でかけるぐらいです。

気難しく頑固な性格と身体の萎縮による痛みから、リハビリに来ていただいていた介護士さんを拒否し、ついに断ることになりました。ボクもリハビリをやっていましたが、それも今はできていません。母が病院に行くときは、近くの施設へショートステイでお願いしていますが、昼食を全く口にしないそうです。最近では週に1度の入浴サービスもいやがるようになって、状況はますます母にすべて委ねているような感じになってしまっています。

毎朝朝練に行き、ボクも妻も帰りが遅いので、できていることと言えば電動ベットからずり下がった父の身体を引き上げること、休みの日に父たちの部屋を掃除をしたり、母の話し相手になることぐらいです。そんな状況なので、ボクたちも外出することが後ろ髪を引かれるような思いになり、旅行はおろか、外食することも(ボクたちだけ楽しんでいいんだろうか)と考え、遠慮がちになっています。だから、昨年までは妻の実家にボクも行っていたのですが、ボクだけ家に残ることとなったのです。

このまま行けばきっと母は自分の老いや病気と介護のバランスが崩れ、しかるべき決断をしなければならないときが来ると思っています。いろんな選択肢があるけれど、今からXデーを想定しなければなりません。

というのが、最近のようすです。

さあ、今日1日どう過ごそうかな。

|

« きつかった~ | トップページ | めまい »

「介護」カテゴリの記事

コメント

GTUさん、おはようございます。一日だけのお休み、
ゆっくりできたでしょうか。
お母様の介護のご様子、記事を拝見して頭が下がります。
我が家は、父の麻痺がひどいので、最初から自宅介護をあきらめ、介護付き老人施設に入居となったからです。
ひとり家に残った母は、1年半くらいになりますけれども、日に日に衰えが目立ちます。独りの生活は、楽ですが、その分刺激が少ないので、いけないみたいです。隣に住んでいる私たちでも、補いきれない「父の不在」の大きさを感じます。

一番辛いのは、体が思うように動かなくなった父親なんでしょうが、元気なほうの母親をどうするか?これは、とても難しい問題ですね。「老老介護」は、第三者の手を借りないと、長く続けるのは限界がありそうです。

>Xデー
お母様と知恵を出し合って、納得のいく方法がみつかりますように。

投稿: ののか | 2006年5月 8日 (月) 06:50

こんにちは。
昨日の久しぶりのお休み、ゆっくりできたでしょうか?
お父様のこと、お母様のこと、私には到底理解しきれない
大きな事柄で、なんと言っていいのかわかりませんが、いずれ殆どの人が直面する時がくるであろう、ことですよね。
以前、私は老人介護施設で医療事務をしていましたが、介護士や看護士さんたちには本当に頭の下がる思いでした。
家族だけで介護をしていくことにはやはり限界があるように思ったのがとても印象に残っています。
GTUさんの家族にあった、よい方法が見つかるとよいのですが。

投稿: りもあ | 2006年5月 8日 (月) 18:07

コメントありがとうございます。

>ののかさんへ
いろんな思いを抱えられているののかさんのココロが伝わってきました。ありがとう。ココロが痛いです。
ののかさんのお母さんの気持ち、複雑でしょうね。そしてそばで見守ってあるののかさんの心中を察します。ボクの母も介護は重たいけれど、頑張る支えになっているのも事実だと思います。
介護のこと、そしてこれからどうしたらいいのか、結論を出せないけれど、家族とよく話しながら決めていかなければならないと思います。ののかさん、本当にありがとう。

>りもあさんへ
高齢社会の功罪というべきなのか、それぞれの家庭でいろいろなことを抱えながら、頑張ってあるのでしょうね。
それにしても、りもあさんは施設で働いてあったんですね。介護に直面してある現場のことがよく分かってあるからこそ、職員の方のココロが痛いほど分かられるんだと思います。本当に大変な仕事だと思うし、ボクのような家庭がどれだけ救われていることでしょう。家庭で抱えることは、限界があることが分かっているからこそ、支えていただくありがたさを感じています。
りもあさん、ありがとう。ベストとはいかないけど、いい方向性を見いだしていきたいと思います。

あっ!ののかさん、りもあさん、言い忘れたことがありました。1日だけの休みだったけど、ゆっくりできましたよ!

投稿: GTU | 2006年5月 9日 (火) 22:15

GTUさん、何とコメントを書かせて頂こうか、ここ数日考えておりました。
私も同じような状況にあります。
でも少しずつ起きてくる変化を恐れずにありのまま、神様からのメッセージとして受け取ろうと思っています。
一つ一つの出来事がどのように見えても、全て良き事に向う一つの過程であると信じて・・・
余りいろいろ思い迷われませんように。
静かに見守っていると、自然に道は定まっていくようです。

投稿: やさしい光 | 2006年5月10日 (水) 22:23

私も今、年老いた夫婦のみで暮らしている伯父伯母の今後をどうするか、真剣に考えています。ふたりとも病気を抱えている伯父伯母が、これから生きていくのに最良な道は何なのか。。。 伯父の看護が確実に伯母の身体を蝕んでいる今、どうにかしなければならないのですが、なかなか良い道がみつかりません。
遠方なので私も月に1回か2回しか行けないし。。。看護は重労働だしストレスも溜まりますよね。私もGTUさんのように、伯母のストレスのはけ口を作ってあげなくちゃなぁ。

投稿: まりも | 2006年5月12日 (金) 21:22

コメントへの返事が送れて申し訳ありません。
いろんなことで余裕がなく、アップアップのGTUです。ごめんなさい。
>優しい光さんへ
時間をとってしまってごめんなさい。ありがとうございます。
言われるとおり、現実を受け止めることしかないと思います。
そして、その時その時で考えたことがきっと指し示していただいたベストの道だとも思います。毎日のひととき、一瞬を意味あるものとして受け止めていきたいです。

>まりもさんへ
老老介護の限界を感じています。でも、ボクたち夫婦がもっと配慮をすれば乗り越えられることもあると、二人で反省し合っています。まりもさんも大変だけど、許容範囲の中で受け止めてあげてくださいね。

投稿: GTU | 2006年5月14日 (日) 21:54

キッチンです。

読んでいて、胸に詰まりました。
どのようにコメントしていいかもわからずで、ごめんなさい。

私の両親は、共に80歳です。
そう遠くないですよね。
私が長女だし・・・。
好き好んで、具合が悪くなるわけじゃないと、わかっていても、24時間というのは、辛いですね。
終わりなき子育てのような・・・。
しかし、身体は大人ですし、頭もしっかりされているし・・・。
介護されてる方が辛いのもわかりますが、奇麗事ではすみませんものね。
GTUさんのお体と相談の上、根を詰めませんように・・・。

投稿: キッチン | 2006年5月18日 (木) 01:14

>キッチンさんへ

コメントありがとうございます。老老介護の限界を感じつつあります。キッチンさんのご両親はお元気で何よりです。
誰でも年老うわけで、今後の高齢社会を考えると嬉しいことばかりではなく、ボクたちが支え乗り越えていかなければならない厳しい現実も横たわっています。ただ、戦後今の日本を支え続けた方々を大切にしたい思いで一杯です。 

投稿: GTU | 2006年5月18日 (木) 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117786/9937336

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のようす:

« きつかった~ | トップページ | めまい »