« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

ゴールデンウィーク

いよいよゴールデンウィークに入りますね。皆さんはどんな計画をされていることでしょう。

4月から5月にかけてのボクのすっぽり空いていたスケジュール帳は、次々と練習試合の計画が入ってきて、結局休みは5月7日、日曜日の1日だけになってしまいました。

いろんなことで締まりがなく、お遊びだったテニス部を立て直すため、4月から朝練も始めたし、基本的に土日の休みはなし。そしてゴールデンウィークも他校との練習試合と練習。でも朝練にしろ、練習試合にしろ、子どもたちが望んだことだし、今子どもたちは本気になっています。そんなことで、顧問としても頑張らなくっちゃと思っています。

幸いに、長男もバスケの練習や試合で休みはほとんどなく、家族みんなが一緒に休める日がないって言い訳にしているけれど、妻はどう思っているのかなあ。ボクが元気なことには喜んでいますが、ゴールデンウィークの時ぐらいは家族で楽しめる時間も必要だなって思います。

なかなか難しい・・・。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

炭みたいな顔

今日、部活の指導が昼過ぎに終わったので、長男のバスケの練習試合の応援に行きました。

駆けつけたとき、宿敵のライバル中学校と試合が始まったところでした。

保護者の応援席に足早に行き、挨拶を交わしたところ、「うわーGTUさん、真っ黒!まるで炭みたい・・・」と保護者の方々から言われました。

この1週間で十分陽に焼け、キュウリパックやローションで火照りを取りながらやり過ごしてきたのですが、明らかに黒くなりました。

でも、炭と言われるとは・・・。ちょっと予想外でしたが、青白い顔をしていた休職期間のことを考えると、嬉しい気持ちにもなりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

家庭の危機??

今朝、学校にかかってきた電話にたまたまボクが出ました。

保護者の方からでした。急を要する話のようだったし、担任は休みだったこともあって代わりに話を聞くことになりました。

電話の内容は、「自分の子どもが、何度注意しても朝食をとらずに学校に行っているので心配している。ぜひ子どものクラスのみんなにそれとなく朝食を食べてくるように話して欲しい」といったことでした。ボクは心配になって、「学校に行きたがらないようなそぶりはありませんか?」と尋ねたところ、「それは全くありません。以前から朝食をとらないことがよくあったし、大丈夫です。でも、朝食をとらないと頭が働かないでしょう・・・」と言われました。

う~ん。本当にそうなのかはボクは分かりません。やはり、ココロと食事はつながっていると思っているので、気になります。でも、本当に、単純に「親が注意しても食事をとらない子どもを学校の指導でとるように指導して欲しい」ということだったら、ボクはついにここまできてしまったのかと思ってしまいます。家庭の教育力は一体どうなってしまったのでしょう。

明日、担任にこのことを話します。本当に食べたくないからなのか、それとも理由があるのか、気にかけたいと思います。

でも、その電話を切った後、何か変な時代になったのではと、複雑な思いになりました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

おさえながらやっているけど・・・

オーバーペースにならないように、自分をおさえながら仕事をしているのですが、やはりきついです。年度当初の慌ただしさは尋常ではありません。たくさんある仕事の中で、優先順位を自分なりにつけてやりおおせてはいるのですが、いっこうに仕事は減りません。

う~ん、皆さんのブログを巡り、コメントを残したいのですが、帰ってきたらもうグッタリ。どうにか夕食をとり、風呂に入り、バタンキューで寝てしまいます。早朝に起き、授業の準備や事務仕事をやっていますが、それでもうギリギリ状態です。

どの方も、どんな仕事でもそうだとは思いますが、年度当初は無味乾燥にさばくことでやり過ごさなければ仕事は滞ってしまうので、つらいです。

朝練があるので、7時過ぎには学校に行っています。爽やかな朝なのですが、疲れが地層のようにつもり重なっているのを感じます。歳なんだろうなあ・・・。悲しいけど認めなければならないくらい、身体の衰えを若い頃と比較しながら痛感しています。

でも、仕方ないです。現実を受け止め、今できることを誠実にやっていくことしかありません。そして、あの時のように壊れないよう、自分の安全レベルを確認しながらどうにか頑張っていこうと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雨の土曜日

朝からしっとりとした雨が降っています。そして肌寒さも少々感じます。

昨日は妻が飲み会だったので、部活が終わると同時に家に帰り、腹を減らした二人の息子に夕食を作りながらのキッチンドリンク。最近妻に任せきりのところがあったので、以前ボクが家事をやっていた頃のことを思い出し、今を感謝しながら心地よく過ごせました。1週間頑張った自分へのご褒美でもあります。

4月に次男が長男と同じ中学校に入学したので、息子二人は夕食の時、共通の話題で盛り上がりながら食事をとっています。ボクもその学校に長く勤務したので、裏事情もよく知っている関係上、一人ニヤニヤしながら聞いています。本当に楽しいです。

土日は長男同様、ボクも部活指導があるのですが(基本的には休みなし)、今日は雨。アウトドアのスポーツなので雨の時は休みにしています。早起きしたのにあいにくの雨で気持ちが削がれた感もあるのですが、同時にホッともしています。

朝食をとったら、やり残した仕事をするために学校に行って、ゆったりした気持ちで片付けてきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつからこうなったの?

いつからこうなったの?

余裕がない。いつもコンピュータに向き合っている。提出しなくちゃいけない書類ばかり・・・・。いつも、書類の提出期限と子どもたちと共にできる時間を天秤にかけながら仕事やってます。(でも、おかしくない?)絶対おかしい。

ボクは子どもたちと一緒にいたくて教師になりました。ただそれだけ。

新年度は特にそうなるのは分かる。でも、新年度だから子どもたちといる時間が大事じゃないかなっても思う。おかしいと思う。書類作りのために教師になったんじゃない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

いろんな役職

新年度になりました。3年所属、進路主事、テニス部顧問になりました。

今までの3ヶ月とは違い、甘えられない立場になりました。

頑張ろうという気持ちにあふれている反面、降りかかってくる役職や

仕事に不安も抱えています。

基本は授業だと思っています。

でも、少し疲れています。オーバーワークには決してなりたくありません。

大丈夫。ボクには休職という貴重な体験があるから。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »