« えっちら、おっちら | トップページ | 基礎・基本が大事でしょ。 »

矛盾

月曜日はテンションがなかなか上がりませんね。今日も調子が出ないままで終わってしまいました。授業をしたクラスのみんな、ごめんなさい。準備は万全のつもりだったのになあ。一つの質問をするにしても、教師の雰囲気が自然と伝わっていったのかもしれません。何か薄っぺらい授業になってしまいました。

ただ、授業をやっていて最近気になるのは、子どもたちは文章を読むのを億劫がり、すぐ「わからない」とあきらめてしまったり、投げ出してしまうことが多いことです。だからこそ、興味・関心を高めるためにあの手この手で工夫をしていますが、集中することが長続きできません。非常に心配です。

新しい教育課程になり、ゆとり教育が導入されて数年になりますが、調べよう、発表しよう的な授業に力点が置かれてしまい、大事な基礎、基本的な学力が欠落している現実を、今の2年生に感じます。社会科の地理の教科書の内容なんて、悲惨なぐらい薄っぺらいもので、文科省は一体どんな力を子どもたちにつけたいのか・・・わからなくなります。以前から、教科書を教えるのではなく、教科書で教えるなんてことはわかっているのですが・・・・。高校受験の問題は以前と同じ、知識を問う問題が主流です。知っているか知らないか、なんですよね。何か矛盾を感じます。

点数を上げたいという切実な願いを子どもたちは持っています。その願いを叶えてあげたい。でも、現実は厳しいです。

|

« えっちら、おっちら | トップページ | 基礎・基本が大事でしょ。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

GTUさん、こんばんは。
世の中、矛盾に満ち溢れていますね。
一人一人が自分の出来る小さな事を心を込めてしていく以外に、この矛盾を正してゆく道はないと思っています。
誰にも世の中の矛盾をコロリと変える力はないと・・・
自分にはこれしか出来ないと諦めるか、自分にもこれだけのことが出来ると思うかで、世の中が違ってくるのではないでしょうか。
小さな事を無理をしないでコツコツと努力していきましょうね。
何時の日か、より良い社会になることを信じて。

投稿: 優しい光 | 2006年2月 6日 (月) 21:23

GTUさん、こんばんは。okbです。
私も高校で教えている時に、何をどう教えたものやらと思うことが多々ありました。
生きることについても言えることですが、「考える」ためにはある程度の「経験」や「知識」が必要とされると思うんです。それを疎かにして思考することは極めて難しいんじゃないのでしょうか。
文科省のやりたいことはさっぱり分かりません。
受験エリートの作った教育課程が簡単に綻びることなど、先刻お見通しな感じではありますが・・・。全く無視してやるしかないんでしょうねえ・・・.

投稿: okb | 2006年2月 8日 (水) 19:03

優しい光さんへ
>一人一人が自分の出来る小さな事を心を込めてしていく
その通りだと思います。教育全体のことを考えると、とても無力感を感じることがありますが、目の前の子どもたちにどんな姿で向き合うか、そのことをこだわりたいと思います。

okbさんへ
文科省は一体教育をどんな方向へ導こうと思っているのか、現場にいたら矛盾を切に感じますね。
文科省のエリートの方は、底辺に置かれている子どもたちの叫びや願いがまったく分かっていない!そう思わざるをえない施策が次々と打ち出されています。
ゆとり教育?本当に子どもにゆとりへと導く方策を採っているのでしょうか。情けないです。

投稿: GTU | 2006年2月 9日 (木) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117786/8535296

この記事へのトラックバック一覧です: 矛盾:

« えっちら、おっちら | トップページ | 基礎・基本が大事でしょ。 »