« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

オール電化

先日、電力会社の子会社の訪問を受けました。それは、オール電化にしないかという提案でした。

昨年末、ボクが留守の際に、光熱費に関するアンケート調査に母がなにげなく答えたらしく、細かなデータを持って来られました。

話を聞くと、ガスや灯油の使用を止めてすべて電気を使うようにすると、光熱費が月13000円お得になり、15年間の設備投資の減価償却分(月9000円)を差し引いても、計算上では毎月4000円、年間48000円近くお得になるということ。さらに15年過ぎれば、安くなった電気代がそのままお得になり、30年間でざっと300万円のお得になるという試算額が出されていました。電気料金自体が安くなることからくるメリットらしいです。

ガスでの調理やファンヒーターの直接的な暖かさ、独特の匂いに慣れ親しんだ我が家は、IHクッキングやエアコンだけの生活がなかなか想像できません。IHは電磁波が心配だとか、中華鍋などが振れないとか、停電の時にはどう対処すればいいか、など気になるところがあります。また、いつまで両親やボクたちが生きているのか、ましてや何十年先なんて想像できません。ただ、灯油を買いに行く手間が省けたり、年老いた親のガスの使用は何かと心配なので、その点は安心できるかなあと考えています。皆さん、どう思いますか?

話はごろっと変わって・・・・。土曜日はついに病院に行き、点滴を受けてきました。金曜日の夜、またもや熱が38度2分まで上がったからです。検査を受けると、インフルエンザではなかったのが幸いでした。風邪をこじらせていたらしく、白血球や炎症反応の数値が高かったので、ふつうの風邪薬では治るはずがないと医師から言われました。抗生物質のおかげで熱も下がり、身体も楽になりました。月曜日も点滴を受けに行きます。やはりきちんとした処置をしないといけないなあと反省したところです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

嬉しいことを見つけたい

どうしてなのか、土曜日になると風邪気味になり、思ったような時間の過ごし方ができず、きつい休みが続いています。そう言えば、長男の学校は先週学校閉鎖になったし、ボクの学校も風邪で休む子どもたちが少しずつ増え、職員も体調を崩している人が多いようです。でも、家族はボク以外は風邪には無縁で、相変わらず元気に過ごしています。感謝。

大丈夫かと不安だったのですが、今日も朝になると比較的身体が楽になっていて、いつものようにレミオロメンの「粉雪」を聴きながら気持ちを静め、どうにか1日をやり終えることができました。

月曜日は気持ち的にモチベーションが下がり、きついです。皆さんもそうかもしれませんね。「嬉しいこと、楽しいことを見つけよう!!」そんな小さな目標を持って学校に行きましたが、それなりに嬉しいことが見つかりました。その中でも、保健室の養護の先生から、「GTU先生の授業は楽しいって子どもたちが言っていましたよ。」と聞かされたときは、本当に嬉しくて、今日も頑張るぞ!!って元気と勇気が出ました。

本当に有り難いことだと思っています。また、明日も笑顔を大切にして、楽しい授業ができるよう頑張ります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

思い出せる授業

おかげさまで、風邪の具合はほとんど気にならないくらいによくなりました。ご心配をおかけしてすみません。

今日は2年生の地理の授業を2時間。午後は修学旅行の保護者会でした。午前中の授業はアメリカの学習で、1時間目は「農業」、2時間目は「人々」についての学習でした。昨日スーパーで買い込んだ野菜を教室に持ち込み、農業の導入にしたり、タイガーウッズのエピソードから、アメリカの人種や民族について考えていくような授業を組み立てました。

嬉しいことに、子どもたちは乗ってきてくれ、楽しく授業ができました。

授業は生き物と言いますが、教師が仕組んだようにはなかなか行きません。手応えを感じるときもあれば、反応が今ひとつで肩を落とす結果になるときもあります。

授業に関して、これだけは大切にしたいと思っていることがあります。子どもたちは教師の姿勢、気持ちを敏感に感じます。つまり、真剣か真剣でないかです。だから、ボクが今できること、つまり「あの時GTUがこんな授業をしてた」と子どもたちがある時々に思い出すような授業を丁寧にすることです。

ですから、授業を組み立てるときにいろいろ悩みますが、自分にブレーキをかけながら教材研究は大事にしています。そして、たとえ授業が失敗しても、以前のように必要以上に考え込んだりしないようにしています。また、やり直せばいいや、そんな風に考えるようにしています。

さあ、明日も楽しんで頑張ります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

運がよかったのかな

3学期が始まったばかりだというのに、不覚にも風邪を引いてしまいました。2,3日前から左肩が痛く、おかしいなあと思っていましたが、風邪の前兆だったのでしょう。

昨日の朝、急に咳が出だし、身体の節々も痛くなり、熱を計ってみると38度近く。悪寒が走り、1日中寝ていました。

「始まったばかりなのについてないなあ。しなくちゃいけないことがたくさんあるのに。疲れたのかなあ。休みになって気がゆるんだのかなあ。月曜日までには絶対直さなければ。」そんな気持ちで身体を横たえていました。

すると、今日の昼過ぎには熱も下がり、昨日とは比べものにならないぐらい楽になりました。おかげさまで、明日ある授業の準備もやり終えました。

子どもたちが言ってくれました。「お父さん、休みの日でよかったね。」

熱を出したのは休みの日だし、それも1日で熱が下がったことは運がよかったんですね。そう、ツイてる、ツイてる。

さあ、1週間の始まりです。のんびり、マイペースで行くことにします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

授業

復帰後初めての授業をしてきました。久しぶりに緊張しました。

十分な準備をしていたのですが、70%の出来でしょうか・・・。でも精一杯授業をしました。

2年生と3年生が1時間ずつ、教室に行けない子どもたちの学習に1時間入りました。

2年生は地理「アメリカ」の学習。初めて目にするボクに、緊張気味の子どもたちでした。加えてアメリカに行ったことのない子どもたちは、ボクの質問に答えようがなかったのでしょう。反応がいまいちだったこともあり、急遽後半の授業の内容を変えて、ボクのアメリカ留学の際の体験談を話しました。子どもたちの目は少しずつ生き生きとし出し、楽しい雰囲気に変わっていきました。

3年生は、昨年度ボクが所属していた学年の子どもたちなので、笑顔で迎えてくれ、質問の反応もよく、盛り上がりました。たぶん気を遣ってくれたのでしょうね。高齢社会の授業だったので、自分の両親の姿を浮かべながらの授業でした。声にしては言いませんでしたが、卒業まであと少しの3年生の子どもたちに、「帰ってきたよ。ごめんね。そしてありがとう」とこころの中で呟きながら授業をしました。

ところで、自分でもびっくりしたことは、1年以上も教壇から離れていたにもかかわらず、黒板に字を書くとき、違和感がありませんでした。不思議でした。これが経験というものなんでしょうか。きちんと見やすい板書ができるのかという不安があったのですが、自分で言うのも何なのですが、今まで以上に丁寧で優しい字を書けるようになっていました。これには驚きました。

ということで、無事今日の授業を終えることができました。今日の授業を反省に、明日の授業も楽しく頑張ります。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

始業式

今日は3学期の始業式の日、どうにか勤務を無事終えて帰ってきました。

こんなに忙しかったのかなと思うぐらい、いざ始まってみるといろんなことでめまぐるしい1日でした。

昼は昼で給食がなく、いろんな雑事にも追われてゆっくりした時間がとれず、昼食をコンビニのサンドイッチで手早く済ませました。こころの中で「平静に・・・」と呟きながら、午後も仕事をしていました。時間は自分で生み出すものだとはわかっていますが、余裕がありませんでした。

まだまだ学校のリズムとボクの頭がかみ合っていないことを感じつつ、少しずつ慣れていければいいなあと思っています。

正式復帰の辞令を校長から頂きました。正式復帰した中で、この日を迎えられたことは感慨もひとしおです。でも、疲れました・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ウォーミングアップ

全国各地で記録的な大雪の被害が起きているようですが、みなさんは大丈夫でしょうか。悲しいことが起きないことを切に願っています。

4日から仕事始めでした。緊張感はありましたが、初日は比較的ゆったりしたリズムでスタートすることができました。授業案や学習プリントなどを作成し、昼食は同僚のおすすめで穴場の中華料理屋に行き、エビチリ定食を食しました。安い値段にもかかわらず、美味しい料理やお茶に舌鼓を打ちました。

昨日からは2日間、他市の研修センターで1泊の生徒会リーダー研修会に参加しました。ボクは宿泊しませんでしたが、子どもたちが学校をよりよくするために熱く討論している姿を目にし、嬉しくなりました。

今朝の6時30分、雪道におそるおそる子どもたちを迎えに行き、学校に送り届けるとすぐ職員会、そして午後は、救命救急講習会と、盛りだくさんでちょっと疲れましたが、すごく充実した2日間を送ることができました。

そんな3日間でしたが、急に朝早く目が覚めるようになりました。時々小さな波が来ます。でも今までとは違うのは、アクセルを踏みすぎないように・・・と自分を一生懸命自制しようとしている、もう一人の自分がいます。妻もボクに悟られまいとしながら、気を遣い心配しているのがわかります。「頑張りすぎたらだめだよ。」時々そう言います。

わかってるよ・・・。

3日間のインターバルを置き、火曜日は始業式。緊張するでしょう。でも、このときをずーっと待っていたのです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

ということで、2006年がスタートしました。

昨日はちょっと酒を飲み過ぎました。それも日頃飲まない日本酒だったのですが、あまりに口当たりが良く、美味しかったのでつい調子に乗ってしまい、少々胃がむかついています。

ただ、気分よく飲めたので、二日酔いにはなりませんでした。

昨日の夜は、家族4人で人生ゲーム(ボードゲーム用)で初勝負。悲惨な結果になりそうでしたが、最後の大ばくちでボクに当たりが来て、気分良く逆転勝利!!今年は良きことがありそうだと勝手に決めつけています。

今日から明日にかけて妻の実家に行きます。心配をかけた妻の家族への罪滅ぼしです。飲み過ぎないように気をつけます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »