« あひるの空 | トップページ | 復帰訓練1日目 »

いかに生きたか

「先生、A子ちゃんのお母さんが病気で亡くなりました。先生にお別れに来て欲しいと言っています。A子ちゃん、喪主をするんです・・・・。」

昨日、教え子から電話があり、教え子のA子のお母さんが亡くなられたことを知りました。

お母さんはさっぱりした気持ちのいい方で、ボクと話がよく合いました。女手一つで二人の娘さんを育て上げ、苦労もたくさんされたことだと思います。長女、二女ともにボクの教え子です。二人ともお母さん譲りの性格の持ち主で、明るくしっかりしていて、何にでも頑張る生徒でした。

1年前に病気が見つかり、入院先の病院で病魔と闘っていたのですが、可愛い娘たちを残し、あまりに若すぎる旅立ちでした。

(知らなかった・・・。お見舞いに行きたかった・・・・。)

葬祭場は多くの参列者が来られていました。お葬式が進むに連れて、深くなる悲しみが、会場を包んでいきました。

焼香の番になり、彼女たちの前に行くと、きっとした顔でボクに力強く頷いてくれました。ボクも彼女たちに頷きました。

最後は喪主からの挨拶の言葉・・・・。A子は気丈に挨拶し、涙を見せませんでした。本当に立派な挨拶でした。

ボクはどんよりした空を見上げ、お母さん、そしてこれからのことについて考えていました。

お母さん。心残りだと思います。でもあなたは、こんなに素晴らしい二人の娘に恵まれ、こんな多くの方に別れを惜しまれています。お母さん、幸せだと思いますよ。

そして・・・、人生は長さではない。いつまで生きるかが問題ではなく、いかに死ぬか。つまりいかに生きたか、が重要なんだ。

彼女たちの気持ちが少し落ち着いたら、話をしようと思います。

|

« あひるの空 | トップページ | 復帰訓練1日目 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

先日の本田美奈子さんといい、A子さんのお母様といい、
若い方が、これからという時に亡くなられると、
何ともいえない辛さがありますね。
お母様もそれこそ、一生懸命育てられたんでしょう。

娘さんはお母様を誇りに思っておられると思います。

でも、喪主をしなければいけないなんて・・・。

いろいろとする事があって、気が張っているときはまだいいけれど
一段楽したら、強い深い悲しみが彼女達を包むと思います。

GTU様、お会いになった時はいろいろ聞いてあげてください。

投稿: たんちゃん | 2005年11月13日 (日) 22:30

GTUさん、本当に、忘れられない人っているんだと思います。
こちらが忘れられない人は、
あちらもいつまでも思っていてくれると思います

お別れにいけて、よかったですね。

投稿: ののか | 2005年11月14日 (月) 07:16

GTUさん、おはようございます!

そうですね、
いかに生きたかなんですね。
先の事は分かりません、
今日は今日、明日は明日。

残されたお嬢さま達の、幸せを祈ります。

投稿: かおちゃん | 2005年11月14日 (月) 12:11

こんにちは、キッチンです。
お母様、さぞや心残りだったでしょね。
無念だったっと思います。
お嬢様方の気丈な姿を空からみて、ずーっと見守ってくれますね。

これからのお嬢様方の気持ちが心配です・・・。

お母様、頑張って、生きようとしたのですよね。
そのこと、娘さんたち忘れないと思います。

せつないですね・・・。

投稿: キッチン | 2005年11月14日 (月) 15:48

コメントありがとうございます。

>たんちゃんへ
たんちゃん、こんばんは。
若い彼女たちがどうしてこんな経験をしなければならないのか、はっきり言って運命を呪いました。
たんちゃんの言われるとおり、気を張っていた彼女たちは、これから悲しみが日々深まっていくと思います。
できる限り、彼女たちの力になりたいと思っています。

>ののかさんへ
ののかさん、こんばんは。
泣いて電話をかけてきた教え子の言葉が、ボクにためらうことさえ忘れさせてくれました。
「会いに行かなくっちゃ」ただそれだけでした。
もしかしたら、彼女たちのお母ちゃんが、最後にボクに力をくれたのかもしれません。

>かおちゃんへ
かおちゃん、こんばんは。
本当に、明日のことはわかりませんね。
生きているのか、それともこの世からいなくなっているのか。
妻がよく言うのですが、だからこそ毎日を楽しまなくっちゃって。わかっているのですが、毎日をなかなか大切にできません。
でも、その意識は大切にしていきたいです。

>キッチンさんへ
キッチンさん、こんばんは。
たぶんあのお母ちゃんのことだから、空の上から
「元気出して頑張りなさい!」って、あの手この手で彼女たちの尻をたたくんじゃないかなって思います。
それほど、バイタリティーあふれる方でした。
身体はこの世にはないけれど、きっと下界を見て、笑っているんだろうなあと思っています。

投稿: GTU | 2005年11月14日 (月) 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117786/7084877

この記事へのトラックバック一覧です: いかに生きたか:

« あひるの空 | トップページ | 復帰訓練1日目 »