« コスモス | トップページ | ウォーキングのその後 »

笑顔パワー

父が退院してもうすぐ2ヶ月。左の股関節の手術をし、若干痛みは術前に比べ和らいだものの、今だ痛みを訴えます。挙げ句の果てに麻酔の後遺症で脳梗塞を併発し、右半身麻痺になり、完全に歩くことができなくなりました。寝たきりで1日を過ごす父。自分の意志を言葉でうまく伝えることができず、泣くことでしか自分の気持ちを表せません。父の泣き声が常に残響として頭にこびりつき、重たく、そして戸惑いました。運命を呪いもしました。

母もリウマチを患い、自分のことで精一杯のところがあるのに、毎日父を必死に介護しています。家にボクがいるので、甘えればいいのですが、こんな状態の息子の手をなるべく煩わせまいとしています。最近、ちょっと疲れ気味です。笑顔が少なくなっていきました。

戸惑っていたボクは、時間が経つとともに、今の父を受け止めることから始めよう、くよくよ考えても仕方ない、過去のことではなく、将来を見つめることが大事なんだと考えることができるようになりました。ある種の悟り?開き直り?です。でも、そのことでものすごく気が楽になりました。

そう思うようになったときから、復帰への意欲が沸々とわき上がってきました。ボクが復帰しようと思った要因の一つは、そんな両親の姿を見て、「せめてボクのことだけでも安心させたい」という思いが確かにありました。それだけではありませんが・・・。先日から学校に二度行けましたが、父は泣いて喜んでくれました。待っていてくれていたんです。

特に最近は、両親がきつい思いをしているからこそ、「笑顔が大切」と思い、意識的に両親を笑わせようとしています。それが、今何もできないボクができる親孝行です。

母は病気の関係で、寝る前に入浴します。その間、ボクは両親の部屋に行き、枕元で父といろいろなことを話すことが恒例となっています。話すといっても、ボクが一方的に話すのですが・・・。時には父をからかい、色気話もします。それにつられて父も笑います。時には、うなり声のような声を上げ、顔を引きつらせながら笑います。ボクも笑っています。そして、そんな様子を風呂から上がってきた母が見て笑います。そして笑った後、「おやすみ・・・」といって寝室に戻ります。

そんなことをやっているうち、最近父が言葉を話すことが増えてきました。相変わらず、聞き取れないときが多いのですが、泣かないで話そうとしているのがわかります。昨日ははっきりと、「痛いにきまっとる」と言いました。笑っていることが、脳にいい影響を与えているに違いありません。顔の筋肉のリハビリにもなっているんだと思います。こんな風に、少しずつでも前に進んでいこうとしている父と母を見て、笑顔って大事だなあと思います。

****

そう言えば、昨日両親の夢というか目標を教えてもらいました。来年再手術し、歩けるようになったら二人でハワイに行くそうです。どんな夢でもいいです。実現できたらいいね。

|

« コスモス | トップページ | ウォーキングのその後 »

「介護」カテゴリの記事

コメント

GTUさん、いつも心暖まるお話、読んでいて嬉しくなります。
いろんな事がありますね。本当にいろんなことが起こります。
でもGTUさんのご家族は、みんなで互いを気遣い、力を合わせて暮らしておられる。
今日本から消えつつある、古き良き日本の家庭像を見る思いがします。
ご両親に親孝行なさることで、お仕事に必ず新しい道筋が付いていくと信じていました。
本当に良かったですね。
私も笑顔を忘れずに頑張ります。

投稿: 優しい光 | 2005年10月26日 (水) 21:37

GTUさん、おはようございます!

笑顔、笑いのパワーって強いんだそうですね。
ついつい忘れてしまいがちですが
私も笑顔忘れずにいこうと思います。

いくつになっても、夢を持ってる人は素晴らしいです
ご両親の夢、いつか実現される日を楽しみにしています。
では、また。

投稿: かおちゃん | 2005年10月27日 (木) 08:39

>優しい光さんへ
毎日ニコニコで過ごせたらいいんですが、なかなか現実は厳しいところもありますね。
でも、生活の基本は「笑顔」だと思い、頑張りたいです。
笑いで始まり、笑いで終わる。
妻の大好きな言葉が「スマイル」です。(^o^)
優しい光さん、応援してますよ。

>かおちゃんへ
笑顔でいれば福がくる。
作り笑いで苦しんでいた頃に比べ、楽な気持ちで自然と笑顔がこぼれるようになってきました。
ボクが笑っていると、まわりも笑顔があふれてくる。
家族の中でのボクの役割はこれかなぁと思っています。
かおちゃん、スマイル!(~o~)

投稿: GTU | 2005年10月27日 (木) 09:08

そうですか・・。お父様はそういう事情で「脳梗塞」を
起こされたのですか。さぞお辛いことでしょう。

母も両股関節を手術しています。どちらも人工関節です。
でも、若くして手術したので、またそのうちに「入れ替えの
手術」をしなければならないでしょう。

リハビリなどでよくなる可能性もあるでしょうし、
その辺は、GTUさんがしっかりされているから、
夢、叶えられたらいいな・・・と祈っています。

お母様もご無理されませんように。
でも、「笑顔」が絶えない家庭っていいですね!

投稿: たんちゃん | 2005年10月27日 (木) 20:19

たんちゃん、どうもです。
母も両膝は人工関節をいれています。
再手術も気になるのですが、今のところは調子がいいみたいです。
父も人工関節の手術を来年の2月に予定しています。
でも、脳梗塞を起こしているので、命と回復を両天秤にかけて難しい判断をしなければならないでしょう。
でも、もう一度歩いて欲しい。そんな願いで一杯です。

投稿: GTU | 2005年10月27日 (木) 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117786/6630946

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔パワー:

« コスモス | トップページ | ウォーキングのその後 »