皆さん、どう思います?

朝電話がありました。

「先生、ちょっと聞いてください。中学生の息子にいくら言っても、朝食を食べていきません。学校で、朝食を食べてくるように指導をしてもらえないでしょうか。」

この電話を聞いて唖然としました。これは、学校で指導しなければならないことでしょうか。

家庭と学校との連携が大事と言われます。でも、それは、家庭と学校がそれぞれ、最低限度の責任を果たすことが前提のこと。その上に立って、互いに連絡を密に取りながら子どもを育んでいくことではないかと。朝食をとらせることは、家庭での最低限度の食教育ではないかと思うのです。あまりにも、家庭の果たすべきしつけ(責務)を学校に委ねようとする保護者の姿勢が、情けなく、そして虚しく感じたできごとでした。そこまで家庭教育は崩壊しているのか・・・・。そこまで子どもに朝食を食べさせることができないぐらい遠慮しなければならないのか。そこまで学校は関与しなければならないのか・・・・。情けなく感じました。

でも、その電話を受けて、学級で「朝食をとって学校にこよう!」と話している自分がいます。こんなことでいいんでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

更年期障害???

今週は最近になく、とてつもなくやばい状況に陥っています。

今まで薬や栄養剤を服用して、きつい中でもどうにかやり過ごしてきたのに、今週は気持ちが落ちてしまって、からだとココロが言うことを効きません。また、朝食ものどを通りません。まずい・・・。学校も休みをもらいました。

4月から時間と仕事に追われ続け、だましだましやってきたつけが、疲れとしてからだとココロにきしみだしたのでしょう。マッサージ機に身を任せたまま、深夜の2~3時まで寝続けていることもしばしばでした。いろんなメッセージが体の悲鳴として僕に教えてくれているのかもしれません。オーバーヒートだとわかっていても、どうにかやり過ごさなければ・・・・。

妻が心配してくれますが、やっぱりストレスが一番悪因だと思います。それと、男でも更年期障害があるってことも教えてくれました。症例をあげると、思い当たるところばかりで、ちょっとショックでした。

そういえば、最近、楽しいなあと思えること、全然やっていなかった・・・・。ということで、ストレス発散を何でも良いからやらないといけないなあと思ったところでした。

何でも良いから、始めよう。ウォーキングでも良いし、ウィフィットとでもいいや。身体を動かして、笑うことから始めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プライド

今日は午前中に部活動を終え、午後から地域の大々的な祭りのイベントに柔道部と共に参加してきました。イベントを盛り上げるために柔道部員の子どもたちをボランティアで参加させなければならなかったのです。

そうそう。先月末から学校でいろいろと問題があって、毎日の帰りが9時過ぎになることがほとんどでした。さらにGWはその生徒指導の後処理で、GMって何なの?的な感じでドタバタ動きまわらなければなりませんでした。それと、現実を知って悲しいことがたくさんありました。そんなことがあって、今日を含め二日間学校は休み。正直ホッとします。

そんな中、昨日(金曜日)の夜のできごとです。夜遅く帰宅し、家族で夕食をしながら話をしていく中で「どれだけそれぞれが強くなったのか?」的な話で盛り上がったのです。それで、今から腕相撲大会をしようということになり、家族で対戦しあいました。

18歳と16歳の二人の息子との対戦・・・・。結構苦戦しましたが、どうにか父親の勝利!!(母親は軽く撃退されました。当然ですね。)もしもの時の言い訳も考えていたのですが、どうにかプライドを保つことができました。特に、二男の強さは手を握り合ったときに感じました。子どもはどんどん成長しているんですね。どうにか、親としてのちっぽけなプライドは保つことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

父が亡くなって1年がたとうとしています。

病院に2年間入院し、心臓病に加え脳梗塞も患って危ない状況が続いていました。

そうそう。昨年の5月7日。病院から朝、父が危ないと連絡があり、母と病室に駆けつけました。その時、不思議な光景に出会ったのです。

父の側にいるときのことでした。病室の窓際に、二羽の鳩がふと飛んできて、しばらく中をうかがい、じっとしていました。その二羽は、夫婦でないかなって思いました。と、同時に、これから来るべき時をなぜか感じたのです。

その後、鳩は飛びたっていきました。すると、その直後、父の脈拍は段々弱くなり、静かに息を引き取ったのでした。

最後は苦しまず、あの世へと旅だった父。その道案内があの夫婦の鳩だったのではないかと、1年たとうとしている今も、あの時の光景を思い出します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

部活動

新学期が始まって、あっという間に2週間たちました。早かったというか、嵐のように時間が過ぎ去っていきました。もう、毎日バタバタで、疲労困憊状態。毎日栄養ドリンクを飲みながらしのぎきりました。

部活動はいろんな経緯があり、何と、何と・・・・・・柔道部の顧問になりました。柔道なんて全く経験はありません。でも、格闘技の部活動ですので、ケガなど何かあっては一大事。指導は当然できませんが、副顧問として武道館で子どもたちの練習を毎日見守っています。

子どもたちは本当にすごい。今日も試合だったのですが、凄まじい試合の連続で、いろいろな発見や驚きがありました。そして明日は昇段試験。どんな活躍を見せてくれるでしょうか、楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

息子のその後

結局、大学受験は残念な結果に終わり、浪人をすることとなった長男。進学塾に明日から通うことになりました。

朝は7時過ぎのバスに乗り、1時間ちょっとかけて塾へ。その後、授業を受け、授業後は自習室で学習し、帰宅は11時過ぎになるそうです。不合格になったあと、紆余曲折ありました。親としていろんなアドバイスをし、話をする中で彼の本音を聞くことができ、考えさせられました。

自分で決めた道。1年間、その志を貫き通してほしいと願っています。この道をたどることになったことには必ず意味があると考えます。

さあ~。明日は始業式。始まるぞ~。息子達に負けないよう、気合いを入れて子どもたちと向き合っていきます。気合いだぁ!!!!!!!!! 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

卒業式

金曜日は赴任校の卒業式。風は強かったものの天候にも恵まれ、素晴らしい卒業式をとりおこなえました。(僕は1年生所属です。)

体育館で厳粛なる卒業式があり、その後各教室で最後の学活が行われました。それぞれに笑いあり、涙ありと、見ていて微笑ましいドラマが展開されていました。

見送りの後、部の卒業生との簡単なお別れ会がありました。花束と色紙、そして記念品を手渡され、部長が泣きながら挨拶をしてくれました。これにはグッとくるものがあり、感動しました。

こんな感動を味わうことができて、幸せでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«沈まぬ太陽